2nd Trip 茨城~千葉県 (5月中旬)

暑くならないうちにと思い、関東南部の旅に出かけました。今回は海沿いドライブの旅です。

〇道の駅にのみや(栃木県二宮町) ※第1日目

栃木名産いちご推しの道の駅です。至る所にいちごのイラストと栃木県のゆるキャラ「とちまるくん」が配置されています。

「いちご情報館」という、かなり予算をかけた情報ブースが設置されていました。いちごの苗を育てる温室もあります。

当然、売店の推しメニューもいちご。ケーキ・アイスクリームなど多数。平日なのにかなり混雑していました。

スカイベリーのソフトクリーム(250円)を購入。思ったよりもいちごが濃い! この価格はお得だと思います。

急速充電器も設置されていますが、認証システムがなく、使用にはフロントの許可が必要とのこと。ちょっと面倒ですね。

充電していると、通りすがりのおじさんに、「この車いくら? 航続距離は? 充電時間は?」など尋ねられました。電気自動車に対する興味は徐々に高まってきているようですね。

〇道の駅しもつま(茨城県下妻市)

新しくて立派な道の駅です。鉄筋造りですが大商家を模したような日本的なデザインです。外国人受けしそう。

売店やイートインスペースも充実しています。昼食として地元のパン屋さんのエビパンを購入。なかなかのお味でした。

最新型の急速充電器が2基設置されています。地元の栃木県はインフラ面で後れを取っているような気がします。

さて、下妻市と聞いて僕が最初に思いつくものは・・・。

中島哲也監督の映画『下妻物語』。対照的な2人の(クズな)女の子の成長物語で、テーマ性の高い内容でありながら、純粋にコメディとしても楽しめます。個人的には日本のガールズムービーの最高傑作だと思っています。未見の方はぜひ!

〇とっぷさんて大洋(茨城県鉾田市)

さて、温泉につかりますか。「月刊温泉博士」で近くの無料立ち寄り湯を調べ、ナビに入力して出発。到着するとなんと定休日! ちゃんと情報を確認しなかった僕のミスです。仕方がない、第2候補の立ち寄り湯へ・・・。あれれ、日帰り入浴時間がもう終了している! 2連続の無駄足は凹むなあ・・・。というわけでここに入館。850円の入館料はちょっと痛い。

プールやジムもある複合型のスポーツ施設です。バンガローも複数あり、合宿等でも使われているみたい。ここのお湯がすごかった。

墨汁のように真っ黒! 泥炭地層のせいかな? 要するにシングルモルトスコッチのピートのようなもの? ま、入れればいいや。

お風呂はサウナ・露天付き。すごく混んでいました。サウナで他のお客さんの会話を聞いていると、関西弁も結構混ざっている。地元鹿島アントラーズとセレッソ大阪の試合を観に来たらしい、熱心なサポーターさんの集団だったよう。

〇道の駅たまつくり(茨城県行方市)

本日の車中泊場所です。霞ケ浦の湖畔にある大規模な道の駅で、周辺施設が充実しています。

巨大な展望タワー。でも、わざわざ登らなくても道の駅周りは十分風光明媚です(造った人ごめんなさい)。

こんな施設も道の駅内にあります。ご家族連れでぜひどうぞ。

周りはこんな感じ。物産売店には、鯉の煮つけ・ワカサギの佃煮・ナマズの煮つけ・川エビの佃煮など、霞ケ浦ならではの食材が並んでいます。夕食にナマズとワカサギとおにぎりを購入。地ビールにベストマッチでした。では、おやすみなさい。

〇茨城県鹿島~九十九里~鴨川ドライブ ※第2日目

朝一番で海沿いドライブスタートです。房総半島の外側をトレースして関東最南端を目指します。九十九里は東京オリンピックのサーフィン会場となっており、今日も冷たい水温の中、数名のサーファーがフルスーツで海に入っていました。波質はトロめで厚く、あいにくのコンディションですね。

ただね、九十九里ドライブは実はあまり楽しいものではありませんでした。というのは、道路沿いかなり広範囲に、廃屋が続いているんです。廃業した商店やコンビニ、人が住まなくなって久しい住宅やアパート、稼働していない工場などが、朽ち果てたまま放置されていました。それもかなりの数。当然人通りや車通りはほとんどありません。ゴーストタウンとは言いすぎでしょうけど。取り壊して更地にするだけの経済的体力が地域にないのでしょうか。もちろん僕が見た風景はごく一部の特殊なものだったのかもしれませんが、車を走らせていて何かもの悲しい気分になりました。この地域の方、気分を害したら申し訳ありません。

〇海鮮食堂 池田(千葉県鴨川市)

鴨川市に入ると風景は一転、高級リゾート地の雰囲気です。朝食がコンビニのおにぎり1個だったので、強烈にお腹がすいてきました。地元スーパーのイートインで地のものを、などと考えていたら、駐車場が車で一杯の一軒のお店が。よし、ここで昼食だ!

店内はほぼ満席でしたが、運よくすぐに案内されました。手書きメニューが豊富で期待できます。通常メニューにはない「特天丼」1500円がおすすめとのこと。ちょっと高いけど超空腹のためそれに決定。するとおかみさんが、「ご飯の量は普通でいい? 100円で大盛にできるけど。」よし、大盛いってみよう! 思えばこれが暴挙だった・・・。

超空腹の僕に届けられたのがこれ! 写真では伝わりづらいのでスペックを解説します。特大エビ×2、特大アナゴ、カマスの開き、特大カボチャ、ししとう×2、ご飯は優に1合半はあります。関東風のとろみのある濃いめのタレがネタとご飯にたっぷり。

旨い! 空腹のせいもあり本当に涙がでるほど旨い! 衣は薄くてサクサク、つまりネタが掛値なしにでかい! 甘辛いタレがさらに食欲を刺激する。半分を一気に平らげましたが・・・あれ、もうお腹いっぱい。いやいや、こんな極上の天丼を残すなんてありえない、これだけの仕事をしてくれたお店の人にも失礼だ、というわけで、暑くもないのに全身に変な汗をかきながら完食。

うーん、苦しい。しかし大満足です。そういえば近くのテーブルのおばさまグループが、「半ライスでもお腹いっぱい」と話していました。やれやれと思いながら車に乗り込み出発すると、あれ? 何か妙に疲れが出てきた、何か事故でも起こしそう。これはいかんと近くの大型ホームセンター駐車場に車を入れ、貸室のベッドに横になると1時間程度ウトウト・・・。

「満腹で動けない」という言葉は、つまり自分の体力のほとんどを摂取した大量の食物の消化に使わなければならないため、他の活動を休止せざるを得ない状況ということでしょう。若いころは満腹でも普通に動けていたのに、加齢による基礎体力の低下をこんなことで実感するなんて・・・。腹も身のうち、今後気をつけよう。

〇九十九里 ヴィラそとぼう(千葉県いずみ市)

本日の立ち寄り入浴です。温泉手形で無料。きれいな公共の宿ですが、お風呂は内湯1つのみ。立ち上がれば太平洋が望めます。

なんと客は僕一人。貸し切り風呂です。気持ちいい~。宿泊施設なのでアメニティも充実していました。

〇道の駅ちくら潮風王国(千葉県南房総市)

本日の車中泊場所です。比較的新しめの道の駅ですが、付帯施設がすごい!

施設の敷地内に池を作り、大型漁船を浮かべてあります。内部は自由に見学可能。また、敷地から直接磯場に降りることができ、磯遊びが楽しめるようになっています。

施設内には魚市場並みの大型いけすが4つも並び、生きた魚介類を購入することができます。それらの食材を使ったレストランも完備。ただ、僕が着いた時間にはすべて売り切れ。今日の夕食は近くのスーパーの刺身盛り合わせとおにぎりにしました。これでも十分うまい! あとはビールを飲みながらタブレットで映画鑑賞です。他の車中泊車はまばらで静か。では、おやすみなさい。

〇休暇村 館山(千葉県館山市) ※第3日目

ここで朝風呂です。しかし車中泊場所から館山まで1時間以上かかりました。ここ館山はまさに高級リゾート地という感じで、イーグルスの「ホテルカリフォルニア」のジャケット写真まんまのリゾートホテルや、いかにも高級そうなゴルフ場が点在しています。ここも国民休暇村としては破格の豪華さ。お風呂も無料入浴がちょっと後ろめたい気分になるくらいでした。

〇帰路 千葉県~茨城県縦断コース

さあ、家に帰ろう。自宅まで合計300kmオーバーのロングドライブだ。やや無謀だがチャレンジ! ナビの目的地を自宅にセットして、いざ出発!(実はこれが本当に無謀でした。詳しくは「2nd tripのまとめ」で。)

〇ほっとパーク鉾田(茨城県鉾田市) 

昼食をとった後くらいから、ひどい腰痛に襲われました。さすがに体を酷使しすぎたようです。1日目に定休日で入り損ねた温泉手形が使えるここで入浴休憩をすることにしました。露天風呂は「とっぷさんて大洋」と同様の真っ黒いお湯。このあたりの泉質のようですね。サウナに3回ほど入ってリフレッシュ。眠気も一応とれました。

〇道の駅常陸大宮(茨城県常陸大宮市) 

充電のため立ち寄りました。かなり新しい道の駅で、設備が素晴らしい。全天候型の多目的スペースも広いです。

最新型の急速充電器が2基。広大な敷地内には河畔公園まであります。

物産売場は広くて品ぞろえ豊富。レストランは地元の支店が入っているみたいです。お腹がすいたので五目おこわを購入。

〇道の駅みわ(茨城県常陸大宮市)

もうすぐゴールです。ここでトイレ休憩。道の駅ブームが起こる前に先駆け的に作られたここは、今でも大型観光バスがたくさん停まっていました。当然トイレは大混雑です(特に女性用は長い行列)。

☆2nd tripのまとめ☆

いやー、疲れた。1st tripよりもさらに走行距離が延びてしまいました。無駄な動きも多かったけど、「予定を立てない気ままな旅」というコンセプトなので、ある程度は仕方がないよね。それでは今回の反省点です。

1 健康第一を心掛ける

最終日の腰痛には参りました。やはり同じ姿勢を長時間続けると体が悲鳴を上げる年齢になってしまいました。降車するにも苦労するくらいになっていましたからね。次回は本当に体をいたわりながら運転しようと思います。

2 情報を精査する

1日目の立ち寄り湯に2回連続で入れませんでした。僕の情報精査ミスです。結構精神的に凹みました。「気まま」と「いい加減」は違いますよね。

3 ナビゲーションに頼りすぎない

この旅にカーナビは欠かせません。初めて走る道ばかりですからね。でも、カーナビに頼りすぎるととんでもないことにもなりますよ。僕は基本的に「有料道路回避」コースを選択するのですが、目的地を遠くに設定すると、時として大都市の中心部を突っ切る渋滞コースや、車一台がやっと通れるくらいの急こう配の林道などを案内されることもあります。かなりストレスがたまりました。案内されたコースは、改めて自分で精査する必要がありますね。

4 防犯意識を持つ

今回の旅で入った立ち寄り湯の1つで、実は時計を盗まれてしまいました(多分)。貴重品はコインロッカーに入れたのですが、狭かったため服と時計は鍵のないロッカーに入れたところ、時計だけが無くなっていました。結構長く使ったGショックの白いスピードモデルで、愛着もあったのでがっくり・・・。気を付けよう。

1st Trip 茨城~福島県 (5月初旬)

では、いよいよ旅に出発しますか。まずは近場の福島県を一周するつもりで出かけましょう。

〇雲岩寺(栃木県大田原市) ※第1日目

禅宗の日本四大道場と呼ばれる立派な寺です。松尾芭蕉は、この地で「木啄も 庵は破らず 夏木立」の句を残しています。雨上がりの新緑に朱塗りの橋と山門がよく映えていました。秋の紅葉も見事でしょうね。

ここが本堂かな? 雨模様でしたが観光客の方も多かったです。

鐘つき堂と山門のレイアウトも秀逸です。アマチュアカメラマンも多数いらっしゃいました。

〇道の駅 奥久慈だいご(茨城県大子町)

                                                                       名勝袋田の滝にほど近い場所にある、こじんまりした道の駅です。

二階には日帰り温泉施設もあるし、トイレもきれい。しかも急速充電器もある。ここを車中泊場所にしようかなと思ったんだけど・・・。交通量の多い道のすぐそば、こりゃあ夜中は走行音と大型トラックのアイドリング音で悩まされそう、ということでパス。

〇フォレスパ大子(茨城県大子町)

大子町の広域公園内にある温水プール・バーデプール等のある広大な温浴施設です。「温泉博士」の無料手形が使えるので行ってみました。施設内は水着着用です。いやはや、公園も広くて立派ですが、この施設も高級リゾートホテルのような内容で、「これで正規料金700円は安すぎないか?」と思ったくらいです。ただ、平日とはいえ駐車場はガラガラ。ムム・・・?

水着に着替え、温浴施設に入ると、なんと客は僕だけ! 30分ほどしてやっと老夫婦が1組だけ! たった3人のためにプール監視員が4名、フロントスタッフが2名、制御機器調整員が数名、これって大丈夫? 内容的には十分楽しめる施設だと思うんだけど。

ここは公共施設です。おそらくランニングコストだけで膨大な赤字になっているでしょうね。でもハコモノを造ってしまった以上簡単にはやめられないと・・・。ともあれ穴場です! ご家族連れの方は広域公園も含めて1日中楽しめますよ。

〇道の駅よつくら港(福島県いわき市)

 

6号線を走りに走って、いわき市に入りました。疲れもたまってきてお腹もすいたので、初の車中泊場所をここに決めました。理由は特にありません。はやく寝たかっただけ。

トイレも立派。もうここでいい、というかもう運転したくない・・・。売店に入ると、各種お弁当が半額になっていました。助六寿司(漁港なのに)を購入。とにかく何か胃に入れたい。

ただ、見込みが甘かった。ここは国道6号線、朝方まで車の通りが止むことはありませんでした。漁港が近いため、大型トラックドライバーの仮眠場所にもなっており、アイドリング音も鳴りやまず・・・でも、いい経験でした。次回に生かそう。

〇福島県の峠越え~道の駅ふるどの(福島県古殿町) ※第2日目

さあ、やや寝不足だけど出発だ。ENV200の峠越えチャレンジです。急こう配のワインディングロードが続き、バッテリー残量がみるみる減っていきます。出発前に満充電にしておいたのですが、どうやら100kmも持ちそうにありません。あわててナビで急速充電スポットを探すと、あった、ありました。

別名「おふくろの駅」だそうです。こじんまりした道の駅ですが、車中泊のキャンパー車が数台いました。ここで朝食でもと考えていたのですが、早朝のため野菜直売所のみオープン。ENV200の給電システムでお湯を沸かし、備蓄のカップラーメンで朝食。冷え込んでいたせいもあり、とてもおいしかった。こんな朝食も悪くないです。

〇泉崎さつき温泉(福島県泉崎村)

開館の9時30分ちょうどに入館し、朝風呂としゃれこみました。温泉手形で無料です。2時間近い峠越えと電欠の不安で疲れた体にお湯がしみこんでいく感じ。気持ちいい~。サウナや水風呂もありましたが、これ以上敷かれたくないのでパス。ゆっくり小一時間湯につかって、さあ、次の目的地だ。

〇旅館向瀧(福島県東山温泉)

 

国の有形文化財にも指定されている温泉旅館です。もちろん宿泊するわけではありません。メディアで取り上げられているのを目にしてから、どうしても実物を見てみたかったんです。やはり「本物」の迫力には圧倒されます。これで旅館としても機能しているのですから素晴らしい。宿泊しただけでも話のタネにはなるでしょうね。

〇庄助の宿 瀧の湯(福島県東山温泉) 

 

こちらは近代的な鉄筋造りの高級旅館。温泉手形が使えるので、本日2回目の入浴です。それにしても豪華な造りのお風呂です。露天風呂からは旅館のすぐ横を流れる渓流を望むことができます。こんな豪華なお風呂が無料だなんて、「温泉博士」様様ですよ。

〇道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」

 

出来たばっかりの大規模な道の駅。施設は当然とてもきれいです。駐車場も広く、トラックと一般車の駐車スペースも分かれています。本日の車中泊場所としては最適ですね。

すぐ隣に河畔公園があり、フィールドアスレチックも完備。夏は家族連れで賑わうんでしょうね。水遊びやバーベキューにも良さそう。

内部の直売場です。今まで行った道の駅の中では断トツで快適です。観光客も多数。

トイレも素晴らしい。自動ドアですよ。しかも24時間利用可能。これだけきれいだと、使う人も汚す気にならないですね。

急速充電器も当然あります。ただし、24時間利用可能ではありません。なんでだろう? メンテナンスのためかな。

ここで車中泊準備。中の売店でソースカツ丼を購入。なんと半額の230円! しかもまだホカホカ! とんかつ美味い! この道の駅、もう一回来てもいいかな。

夜もとても静か。とてもよく眠れそうです。ただ、平日なのに車中泊の車でいっぱい。みんなここがお気に入りなんですね。

〇福島縦断~休暇村 那須(栃木県那須町) ※第3日目

よく眠れました。午前6時に起床。さあ家に帰ろう。福島のど真ん中を縦断するぞ。その前に充電だ。ここの充電器は使えないので、近くの日産ディーラーで満充電。いざ出発!

芦ノ牧温泉~湯野上温泉~那須温泉のルートを選択。理由はアップダウンが少なめだから。道路の横の渓谷美が素晴らしい。

でも、なぜ? 今日は土曜日だというのに、観光客の車がほとんどいません。すれ違うのは護岸工事の工事車両くらい。

これだけの絶景と2つの温泉場という観光資源がありながら、もったいない。道も適度な勾配と直線を含むワインディングロードで、MTスポーツカーのドライブに最適なのに。福島県さん、もっとPRしたほうがいいですよ。ドライブ好きの皆様、穴場ですよ!

〇休暇村 那須(栃木県那須町)

地元に戻ってきました。休暇村那須です。11時30分から日帰り入浴可能。あと1時間あるぞ。腹減った。朝飯だ。あれれ、周りにはコンビニもない。仕方がないので車内でお湯を沸かしてカップラーメン。2日連続はさすがにわびしいね。

きれいなお風呂です。もちろん温泉手形で無料。露天風呂からの景色が素晴らしい。標高の高さが実感できます。

☆1st  TRIPのまとめ☆

最初の車中泊の旅、一言でいうと楽しかった~! 「自由」というのを満喫した感じです。退職後のこんなプランを立てたオレ、でかした! という感じです。総走行距離は3日間で1千キロオーバー。よく走りました。ENV200、電欠の危機に瀕しながらも、よくがんばったね。次回もよろしくね。

特筆すべきは、この旅の低コスト! なんと1日千円未満でした。理由は、①車中泊 ②無料温泉手形 ③充電フリー ④有料道路回避 ⑤道の駅のディスカウント弁当 などが挙げられます。この調子で、夢は大きく全国制覇だ!

ただ、初めての経験だったため、今後に生かしたい反省点もいくつかありました。今後のために書き留めておきます。

1 疲れ対策

家に帰ったその日の夜、10時間くらい眠りました。やはり疲れがたまっていた模様。そういえば、運転中も何度か気が遠くなりそうなことが・・・。事故を起こしてからでは遅い! 今後はもっとゆるいスケジュールを心掛けよう。時間は十分すぎるくらいあるのだから。

2 野菜不足

帰宅したときの夕食は、回鍋肉をおかずに野菜ジュースをぐびぐび。スコッチのあてにセロリをボリボリ。体が野菜を欲していたのです。旅行中の栄養摂取にも留意する必要がありそうです。

3 車中泊場所の選定

疲れを残さないためには、十分な睡眠が一番。とにかくよく眠れそうな場所を選んで車中泊しよう。特に、①国道沿い ②トラックの近く ③街灯の近く はできる限り避けるようにしよう。

4 夜の過ごし方

車中泊での夜は長いです。ふらふらと変な場所へおでかけしないためにも、有効な夜の使い方を考えておいた方がいいですね。次回からは、①モバイルノートでブログの原稿を作成する ②タブレットにアマゾンプライムビデオから映画を3.4本ダウンロードしておいて観る を試してみようと思います。

旅の予行練習(地元の道の駅巡り)

 本格的な道の駅巡りの旅に出かける前に、地元の道の駅巡りに出かけてみましょう。何事もウォーミングアップから、ですよね。

1 大田原与一の里(栃木県大田原市)

大田原市は、壇ノ浦の戦いの前哨戦と言われる「屋島の戦い」で活躍した、弓の名手・那須与一ゆかりの土地として有名です。ほら、平家の船に掲げられた扇の的を那須与一が射落としたというエピソードですよ。「新世紀エヴァンゲリオン」でもスナイピング戦を「ヤシマ作戦」と名付けていましたよね。この道の駅の外観は、その扇をモチーフにしたものらしいです。なかなか凝ったつくりですね。

その那須与一の活躍をロボット人形劇にして上演する劇場まで併設されています。有料ですが、推しがすごい!

 

また、市の伝統工芸品を展示しているギャラリーも併設されています。こちらは入場無料で、中は立派なつくりです。

 

ちなみに、EV用の急速充電器は設置されていましたが、残念ながらZESPカードは使えず、30分500円の有料でした。

 

2 明治の森黒磯(栃木県那須塩原市)

入口から駐車場までの道がロータリーの効率的な動線になっていて、たくさんの観光客が訪れることがうかがえます。駐車場自体はあまり広くはないようですね。

トイレは鉄筋コンクリート造りでとっても立派です。車中泊にとってトイレの出来は重要ですね。

 

ここはベーカリーが有名らしく、自家製パンが美味しそうな香りを立てていました。思わず一個購入。

 

道の駅まわりの森の中に、堂々とそびえる白亜の洋館。明治政府の外交官だった青木氏の別荘だそうです。見学もできるみたいです。

ここにも急速充電器はありますが、ZESPカードは使えず有料です。僕の地元栃木県の道の駅は、無料で使える急速充電器が少なすぎます。まあ、僕は日産ディーラーやファミリーマートでの充電がメインですけど…。

 

3 ばとう(栃木県那珂川町)

木の質感を生かしたなかなかおしゃれな道の駅です。駐車場はかなり狭いので、車中泊には向かなそうですね。

 

「八溝ししまる」なるイノシシ肉の量産に成功しているようです。ジビエ好きの僕にはたまりません。スペアリブがあったら即買いしたのですが、ロース肉だけだった…。

 

外の売店で「イノシシ肉のコロッケ」発見! 迷わず一個購入。揚げたてで肉の味も濃く、大満足でした。

 

ZESPカードが使える急速充電器がありました! ガソリン車が駐車しないようにカラーコーンが置いてありました。ありがたくコロッケを食べている間に充電させてもらいましたよ。

4 東山道伊王野(栃木県那須町)

那須町にある、手打ちそばが美味しいことで有名な道の駅です。まわりは典型的な日本の農村地区といった感じ。

 

ここのトイレも立派です。シンメトリーデザインの外観がおしゃれですね。

 

直径20mくらいの巨大水車が回っていました。圧巻! 実際にそばの実を挽くのに使われているとのこと。

 

そば打ち体験もできるみたいです。時間に余裕のある方はどうぞ。僕は食べるだけかな…。

 

平日なのに他県ナンバーの車がいっぱい。人気の高さがうかがえます。ZESP対応の急速充電器もありますが、この日は先着車(アウトランダーPHV)が充電中でした。